<   2006年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ガウディを訪ねて(その2)

f0055881_20594369.jpgカサ・ミラ
初期作品はそうでもないが、どこかのタイミングからか、ガウディは曲線志向になったようです。このぐにゃぐにゃ感がマニアには、たまりませんなあ。
f0055881_2171678.jpg山をモチーフにしたこのマンションは、しっかり世界遺産である。きっちり入館料をとられますが、中にはオフィスエリアと住居エリアとがあり、普通の雑居ビルとして機能している。
昔はここを馬車が通ったそうで、そんな時代の建物かと思うと斬新すぎて怖くなる。
f0055881_21265646.jpg今の高層建築だとこういう吹き抜けとか割と当たり前だが、当時としてはまったく新しい発想だったのだろう。と、いうか現代ぽいね。


100年前の建物だけど。
f0055881_21363227.jpg屋上はこんな感じ。

ぐるりと曲線に囲まれ、いたるところにタイルが敷き詰められている。彼方に見えるのは未完の大聖堂サグラダ・ファミリア。ダリとかミロとかピカソとか、この国を代表するアーティストはたくさんいるけど、人間が生活する建築物そのものをアートするというのは、そんな不思議なことでもないなあと、だんだん思えてきた。


最近、日本でもデザイナーズマンションなるものがちょくちょく出てきたけど、やっぱ住むとなると保守的&シンプルが一番。
[PR]
by shuandyum | 2006-05-07 21:53

ガウディを訪ねて(その1)

f0055881_16354065.jpgカサ・ビセンス

今でも人が住んでる。 らしい。
と、いいつつ中庭まで入ってみる。撃たれても文句言えまい。でも、過去何人のひとが不法侵入したことだろうかと思う。
「おいおいまたかよー、…ズドン!」なんて。
タイル屋のビセンスさんが宣伝も兼ねて、総タイル貼りの自宅建造をガウディに依頼したものらしい。
いやいや、これは宣伝なんかじゃなくて、心からタイルを愛していたからこそ造らせたとしか思えぬわ。


f0055881_16481128.jpg他のガウディ建築物と違って、狭い路地に唐突に現れる。私宅なので観光向けになっていない。
平日だったせいもあり、周りは普通の街の人々が普通に生活してたりする。
あー今思うと、こんちはーって訪問したら快く部屋とか見せてくれたかもしれないね。
「お茶でもどうぞ。」
「いい加減タイルにはうんざりなのよねー。でも文化財指定されてるから勝手に改築できないし…」
あとで写真集とかで内装見たけど、こりゃ完全に××××の世界だ。いや、無理よ普通の人ならこんなとこで生活できないってば。
[PR]
by shuandyum | 2006-05-07 17:14 |